いま知っておけば安心な「日本語の誤用」厳選3選(+番外編)

日本語のよくある誤用について解説! 暮らし

ぽじねこです!

今日は日常的に目にする
日本語の誤用についてがテーマです。

本来の意味と違っていても
慣例として通じる場合も多く

意味が伝われば良いという反面
フォーマルな場では恥をかくことも。

ぽじねこ
ぽじねこ

もし指摘されちゃったら、恥ずかしいかも!

有名な誤用については
紹介する必要もありませんので

ここで紹介していくのは
頻繁に使う可能性がある言葉でなおかつ

世間一般に周知がいきわたりきっていない
ピンポイントな誤用について紹介します。

いま知っておきたい「日本語の誤用」

その①:「敷居が高い」

 

ぽじねこ
ぽじねこ

うーん、フランス料理か~
ちょっと庶民には「敷居が高い」かなぁ・・・

この使い方は誤用です。
敷居が高い」の本当の意味は

不義理なことや面目の立たないことがあり
その人の家に行きにくい

ぽじねこ
ぽじねこ

・・・という意味です!

国語に関する世論調査によると
この言葉は現30代~40代を境に
多数派がひっくり返ってしまい

今では「高級すぎたりして入りにくい
という誤用の方を使う方が
若年層では多数派となってしまいました。

その②:「奇特な人」

ぽじねこ
ぽじねこ

コンビニの割り箸だけ
好んでコレクションするなんて
奇特な人」ですね・・・

この使い方も誤用です。
奇特な人」の本当の意味は

特別にすぐれていること
行いが感心なこと
殊勝なこと

ぽじねこ
ぽじねこ

これも、知らない人多いですね!

こちらも現30代~40代くらいを境に
多数派がひっくり返った結果
よくある誤用になってしまいました

その③:「割愛する」

ぽじねこ
ぽじねこ

(プレゼン・ミーティング等で)
こちらの項目は、先日の説明と重複しますので
ここでは「割愛」させて頂きます。

特別な事情や背景が無い場合は、これでは誤用です。
割愛」の本来の意味は

愛着の気持ちを断ち切ること
惜しみながらも思い切って捨てること

単に、先日説明したことと同じ内容を
もう一度話しても時間の無駄になるので

時間の節約で説明は省きますよ
というニュアンスで言っているのだとしたら

ぽじねこ
ぽじねこ

ここでは「省略」させて頂きます。

・・・と言うのが正しいでしょう。

番外編:「煮詰まる」

ぽじねこ
ぽじねこ

案件のドキュメント作成なんですが
ちょっと「煮詰まって」しまって
どうにも進捗が良くないです・・・

と、いった感じの使い方はかつて
誤用」とされていました。

なぜなら本来の意味は

考えや議論が出尽くして
結論を出す段階になる

ぽじねこ
ぽじねこ

・・・という意味が正しかったからです!

ですが、最新版の広辞苑では
従来誤用とされていた使い方、つまり

議論や考えなどが発展せず、行きづまる

という解釈の方も、改訂にて追加されています。

これも30代~40代を境に
多数派がひっくり返っているため

若い世代と年配の世代で
重大なコミュニケーションミスが
起きる可能性があります。

ぽじねこ
ぽじねこ

部長、〇〇の件ですが
かなり煮詰まっております・・・

そうか、わかったこちらも準備しておこう。
(もう最終段階に入ったんだな、安心した)

で、後日、この正反対の意味での
お互いの解釈の違いがきっかけで

案件〇〇はポシャりました、なんて話が
ありえないわけではありません。

なので現状は、若い人の方が
煮詰まる」ではなく
行きづまる」を使うのが安定です。

ぽじねこ
ぽじねこ

お仕事では、気を付けたいところですね!

コメント

コメント