仮想通貨取引所「FCoin」創始者の張健氏のQ&Aを解説していく【PR】

fcoinのFAQですよ~ 仮想通貨

ぽじねこです!

ここ最近「FCoin」のトークンである「FT」が爆上げ中です。
取引高世界一になった記憶も、まだ新しいのではないでしょうか。

そんな仮想通貨取引所の「FCoin」ですが
所有者間の定期コミュニティとしてQ&Aセッションを設けており

なんとこの度、FCoin創設者の張健(Zhang Jian)氏
Q&Aの和訳を入手できましたので紹介と解説をしていきます。

ぽじねこ
ぽじねこ

ちょっと長いかもしれないけど有益な情報ですよ!

FCoinに関する張健(Zhang Jian)氏のQ&A

「Fcoin」に関して最近流れている噂に対しての否定

最近、何人かからの質問を受け取りました。
6月に機関投資家の合計6億FTのロックアップが解除されること
があるかと聞かれますが、そのような状況はありません。

まずデータの根拠がなく、偽造されたものに違いありません。
また、ポジションの大きい機関投資家、
特に初期投資家と新規参入の戦略的投資家は、
2年間以上にわたり、長期的にロックアップをしており、
FCoinの創業チームとほぼ同じです。

FTの全体的な保有状況と将来の様々なデータの透明性の計画に関しては、
私たちも徐々に推進していきます。

私たちのプロダクトのアップグレード、パブリックチェーンのリリース、
また他のさまざまなところの改善に伴い、
それなりの詳細な計画を公表致します。

ロックアップ」というのはシンプルに説明すると
大口で保有している仮想通貨を「売らないよ」って約束することです。

仮想通貨の大量売りが入ると、当然ですがトークンの値段が下がるので
相場のネガティブな変動を引き起こさないための「お約束」ですね。

ぽじねこ
ぽじねこ

HuoBiの元CTOでもある張健氏の言葉に
安心した投資家も多いのかな・・・?

パブリックチェーン「Fractal」の進捗と機能について

今話している進捗状況は前回の開示とそれほど変わらず、
進捗状況は非常にスムーズです。
前から、オンラインでテストを行なっていますので、
これからの問題はメインネットの切り替えることです。

メインネットの切り替えが完了すると、
FTは元のERC20 ETHネットワークから
Fractalベースのネットワークに移行します。

これがパブリックチェーンの進捗状況です。
メインネットへの切り替えの具体的な時間については、
前回発表した通り、FCoinの1周年記念に
明確なメインネット切り替える日程を発表します。

パブリックチェーン」というのは
基本的にはブロックチェーンの事を指すのですが

厳密にはブロックチェーンには
パブリックチェーン」と「プライベートチェーン」があり

不特定多数のノードが相互承認する
ビットコイン等のブロックチェーンの仕組みが
パブリックチェーン」にあたります。

そのあたりについては
すごい分かりやすい記事を前に書いたので
初心者の方は見てみてくださいね。

仮想通貨の頻出用語「ブロックチェーン」を知る
ぽじねこです!「仮想通貨」って、なんか難しそう?という記事でも紹介した通り難しそうなイメージが先行している仮想通貨ですが・・・ぽじねこ実はそうでもなかった、という話でした!その中でも、頻出用語である「ブロックチェ...

パブリックチェーン「Fractal」のコア目標

皆さんご存知のように、私たちのパブリックチェーンのコアな目標は
トークンエコノミーのインフラを作ることです。
これは私たちが述べた様に完全に新しい考えです。
トークンエコノミーはまったく新しいものからです。

多くのパブリックチェーンはその機能をデザイン、
また完成することは特定の実践に頼るのではなく、想像力に頼っています。
これでは、パブリックチェーンが完成された後に、シーンがなくなり、
利用されないようになってしまうでしょう。

これが、ここ数年で色々なパブリックチェーンが開花してきたが、
現実的なブレークスルーがない理由だと思います。
それは、TPSの欠如のためではなく、TPSは実際の問題を解決できません。
主な理由はシーンの欠如です。
これもFractalの最も顕著な特徴です。

FractalのシーンはすでにFCoinとコミュニティ全体で
継続的な成長プロセスに存在し、

私たちはそれを実践しています。
ですから、私たちは今具体的なシーンに基づいて、インフラを構築しています。
このシーンは自身の使用シーンが存在しています。

なぜなら、私たちがすでに利用しているからです。
私たちはこの利点を常に守っています。
これは非常にユニークであり、利点を再現することはほとんど不可能です。

ここで触れている「TPS」というのは
Transactions Per Second(決済速度)を指します。

仮想通貨の大きなメリットとして
銀行を介した国際送金等と比較した場合に
高速な決済が可能であることが挙げられます。

そのため、仮想通貨の決済スピードが
その仮想通貨の価値の一つという考え方もあるのですが・・・

ぽじねこ
ぽじねこ

張健氏は「利用シーン」の欠如について問題視していますね!

要するに利用するにあたる具体的なビジョンというか
みんなが頻繁に利用する「未来像」が見えないこと。

それが巷のパブリックチェーンが抱えている
本質的な問題であると指摘しているということですね。

パブリックチェーン「Fractal」の大きな特徴

多種類の資産をサポートできること

テクノロジーを知っている人なら、その意味をちゃんと理解できます。
例えば、Ethereumの場合、ETHはネイティブなコインです。

すべて発行されるERC20トークンは
実際にはスマートコントラクト内のデータの記録です。
つまり、スマートコントラクト内の資産は、
ネイティブ(原生の)資産ではありません。

公式のウォレットをダウンロードし
自分が保有するETHの量を見るだけで、
他の資産はスマートコントラクトの中にあり、残高をチェックするには、
スマートコントラクトをサポートするためのウォレットが必要です。
これは表示されるだけです。

本質的には、Ethereumパブリックチェーンの目標は
スマートコントラクトであり、

またはアプリケーションを運行するインフラストラクチャを作成することです。
それは元々、資産の発行、資産の管理、及びこれらのデジタル資産に基づく
さまざまな操作の実行を目指すわけではありません。

Ethereumのコアの目的ではないため、
その構造の設計では原生で多種類の資産をサポートしていません。
しかし、Fractalパブリックチェーンの場合は、
最初からネイティブ資産を簡単かつ安全に発行するメカニズムを備えています。
これは非常に重要な特徴の一つであるので、
我々重要な特徴のリストの一つ目として説明します。

スマートコントラクト」というのは自動決済であり
主にブロックチェーン上で使われているシステムのことを指します。

ぽじねこ
ぽじねこ

「契約執行」とか「価値移転」が自動でされるよ!

スマコンのイメージ

簡単に言えば、Ethereumは決済からお財布の管理まで
確かにアプリ運用がしっかりしているけど

構造設計上、多種類の通貨の利用シーンを
想定して作られてはいないよねっていう話をしているようです。

資産マッピングメカニズム

興味があればホワイトペーパーを見てください。
具体的に説明すれば、内容が多すぎるかもしれないので、
Q&Aセッションでは詳しく説明しません。なぜ2番目で説明するのか?

それは私たちのFractalパブリックチェーンで最もコアなメカニズムだからです。
このメカニズムにより、現実の資産(チェーン上のデジタル資産を含む)を
Fractalパブリックチェーンにマッピングすることができます。

それによって資産を操作できます。
つまりトークンの発行だけでなく、
これらの資産をブロックチェーンに移行させるプロセスが非常に重要です。
これが私たちのコアなメカニズムの一つです。

ぽじねこ
ぽじねこ

ちなみにホワイトペーパーはこちら!

Fractal CoreµA Decentralized System For Token Economy

FCoin」が進めているパブリックチェーン移行プロジェクト
Fractal」の中でも一番の特筆すべきことが

資産マッピングメカニズム」であるという解説です。

前述のETHの例でもあった通り
他の資産がスマコン内にあるのではなくて

しっかりパブリックチェーン内に移行して
資産マッピングするところまでやってます

ぽじねこ
ぽじねこ

ということをアピールしているようですね!

革新的なコントラストアセット

これも現実的なニーズによって生じたものです。
たとえば、一部の資産は譲渡にあまり便利ではありません。
私たちの発表で述べたように、私たちのロックアップされる資産は
一種のコントラストアセットです。

現実的な例を挙げてみましょう。
たとえば、「有限責任会社」を設立した時、複数のパートナーがいる場合、
自分の株式を譲渡すると、他のパートナーの同意を得なければなりません。
彼らの中で、誰かが署名していないと、自分の株式も譲渡できません。
そうですよね?これは典型的なコントラストアセットです。

個人の意思により譲渡できるわけではなく、必要な条件を満たさないといけません。
これは非常に実用的なシーンですが、
これをサポートするためのパブリックチェーンがありません。

何故ですか?先ほど、多くのパブリックチェーンを言及しましたが、
実際に使用されるシーンに基づいて設計されたものではないので
このような特徴もありません。

仮想通貨は新しい資産形態になるわけですから
譲渡」をするなどを想定したブロックチェーンが
まだ存在しないのか浸透していないのかわかりませんが

現実通貨のように多岐にわたる資産運用目的において
シーン」を想定するという前述の話とリンクしています。

ぽじねこ
ぽじねこ

要するに、使いやすさを想定してるよって話みたいです!

サブ資産について

サブ資産は複雑な資産構造をサポートするためです。
また、チェーン上でのスナップショット機能は説明する必要がないと思います。

皆さんご存知のように、私たちの様々な機能は
スナップショットに依存しています。

例えば、配当、投票など…これはインフラストラクチャです。
チェーン上のスナップショットを実現できないと、
トークンエコノミーを支える機能をチェーンに移行できません。

スナップショット」の説明を端折られてしまっていますが
ここで指しているのは「静止点」の記録を取る技術であり

サーバーバックアップの際の「スナップショット」等とは
少し違うものを指しているのかなと思います。

ぽじねこ
ぽじねこ

静止点のブロック情報を元に配当するとかいうアレですかね!

新しい手数料配分メカニズム

これも実際の経験によって生じたものです。
多くのパブリックチェーンは発行段階、またはデザインの段階から、
資産発行、資産の管理向けではなく、また明確な定義から言えば、
トークンエコノミーには向いていません。

そのため、彼らは自分が発行したトークン、
メインネットのあるコインを巡ってエコシステムを構築します。

しかし、私たちはトークンエコノミー全体向けにエコシステムを構築します。
Fractalパブリックチェーン上の資産はすべて平等であり、
手数料のインセンティブレベルでも平等です。

Fractalパブリックチェーンは同時に資産の発行者、
スマートコントラクトのプロバイダーに動機付けられ、
それによりエコシステム全体の繁栄を刺激する
真にプラスなエコシステム構造が形成されます。

トークンエコノミー」とはその名の通り
今までのような現実通貨ではなく

トークンを用いた経済界隈が生み出されて
そこで経済圏ができあがるような意味です。

ぽじねこ
ぽじねこ

トークンを使った物やサービスの売り買いが行われる世界!

FcoinのFractalでは手数料を
全ての資産において平等にすることによって

実際の利用シーンを踏まえたうえで
広いトークンエコノミーを形成しようとしています。

アカウントモデルとセキュリティコントロール

これは比較的基本的な構成です。
もちろん、複数のセキュリティコントロールに関して、
より深いセキュリティ機能をサポートできるように
いくつかの徹底的な改善をしました。

これらのすべてが必要だと思うので、これについては話しません。

アカウントの管理やセキュリティについて
特筆すべき事項はないようでした。

ブロック生成時のノード決定について

私たちのコンセンサスメカニズムはDPOSであり、
DPOSが投票メカニズムです。
私達は全体的な計画を発表する予定です。

現時点では、ノードの選挙、またより具体的な時間や計画など
を発表する予定があります。
この質問の範囲はかなり大きいなので、今は答えられません。
近いうちにリリースする予定です。

DPOS(Delegated Proof of Stake)」というのは
委任型の関与証明のことです。

BitShares」等で使われていることでも有名であり
基本的にはブロック生成者は投票によって選出され

その投票の重きを基礎通貨の保有量(=Stake)に
依存しますよっていう仕組みの事です。

ぽじねこ
ぽじねこ

有名なコンセンサスアルゴリズムの一つです!

簡単に言うとこの質問のと回答の意図については
不正とかできませんか?後で発表します
となっただけの流れです。

先物取引についてのスケジュールについて

先物取引では、システムテスト段階に入りましたが、
先物取引がハイリスクであるため、
リスクマネジメントへのプレッシャーは比較的に大きいです。

そのため、現時点までは明確なリリースタイムプランはありません。
まだ時間がかかります。
しかし、この時間がどれほど長いか、私はまだ明確に答えられません。
明確な予定があれば、すぐにお知らせいたします。

先物取引」って仮想通貨やる人でも
身近な言葉なのでしょうか?

少々わかりませんが投資初心者の中では
なんだか「アブない」イメージが先行していますよね。

ぽじねこ
ぽじねこ

サキモノ・・・コワイ!

それはレバレッジをかけられることが理由なのですが
証拠金の何倍もの取引ができることから

手元資金以上の損失が生じる可能性があって
失敗したら破産するとかそういうイメージだからかと思います。

ただでさえ仮想通貨は、日々新しい知識が必要な投資であり
更に先物もやっちゃえ、という冒険はしなくていいでしょう。

FTのアプリケーションシナリオについて

みんながどうFTを理解しているかわかりませんが、
このように質問を変更してみましょう。

例えば、AppleやMicrosoft、何千億ドル、あるいは何兆もの時価を持つ会社の株に対して、
Apple株のアプリケーションのシナリオを複数のチャネルで、
そしていろいろな方法で増やすかどうかと尋ねますか。

こんな質問されたら、AppleのCEOは:あなたは弊社の株を
保有しているとういことはAppleを保有するということを代表しているのではないですか?
発達した会社にはどのようなアプリケーションが必要ですか。
この例で私の最初の考えを理解してもらいたいです。

第二、この質問に関して、私は実際に皆が何を意味するのかわかっています。
FTの価値を高めるために、FTをより多くのアプリケーションシナリオで
使用できることは明らかです。

しかし、FTのアプリケーションシナリオを増やす必要があるということではなく、
そのような方式によってFTの価値を高めることが一番大切です。
つまり、最終の目的:FTの価値を高めることに注目します。
この様な問題にすれば答えやすいです。

水平方向と垂直方向の両方からFTの価値を高めます。
たとえば、FCoin取引プラットフォームでは、その取引経験がどんどん良くなり、
取引人数が増え、取引活動がますます盛んになり、
そして世界で最も影響力のある取引プラットフォームになることを願っています。
つまり、エコシステムの核心部分をより発展させることです。
それは、垂直方向の方法です。
明らかに、これはパブリックチェーンを含むFTの価値を高めるでしょう。

我々は非常に良い実践を得ることを望んでいて、そしてより多くのトークンを発行し、
そして将来トークン発行には欠かせないものとなるために、
私達はFTのメインネットワークへの切り替える過程で良い経験を
積み重ねられることを望んでいます。
この目的のために一生懸命働きます。

これらの垂直方向の開発がFTの価値を高められるのは疑いありません。
もちろん、パブリックチェーンの発展も
FTのアプリケーションを推進しています。これは間違いありません。

長い回答になっていますが、かいつまんでいくと
Fcoinのトークンである「FT」の
マルチチャネル展開はあるのかないのか。

それを語るよりも「FT」そのものの
価値の向上について考えていきましょう。

ぽじねこ
ぽじねこ

・・・という感じですね!

リファマイニング計画について

実際、リファマイニングは最初にも考えましたが、
なぜこれまでに多くのマイニングが打ち上げられ、
リファマイニングがまだ開かれていないのでしょうか。

それは、十分に成熟したアイデアがまだ形成されていないからです。
もちろんいろんな作業が集中的にされるかもしれません。
確かに、具体的な計画はまだありません。
しかし我々はずっとそれについて考えています。

これから、もっと成熟した比較に実行可能な計画を立てます。
リファマイニングはちょっとした利益を取る人に
悪く利用される可能性が高いですので、
どうやってマイニングの初心に戻ることができ、
ユーザーのためにコミュニティの資源を守れるかは
リファマイニングを計画するときに最初に考慮すべきの質問です。

リファマイニングという言葉は
日本では使われていませんが
何のことを指しているのでしょうね?

FCoinの最も重要な仕事について

現在一番重要な仕事といえば、言うまでもなく皆さんも分かれると思いますが、
私たちFCoinのマイニングメカニズムを完全化にすることです。
それにより、私たちの取引やコミュニティを活性化し、
取引体験を向上し、コミュニティの拡大のため良い基礎を築くことです。
これは間違いなく現在我々の最も重要な仕事です。

特に私たちのマイニング計画(少なくとも57年間持続可能なマイニング計画であり、
3ヶ月ごとにマイニングによる産出量減少メカニズムもある)が提出された後、
より慎重に、合理的にこれらの珍しいリソースを分配し、
最大限にコミュニティシステムの目標を達成するように努力することが大切です。

先日、「今のマイニングは産出量が多く、今後何か悪い影響をもたらしますか?」
という質問がありました。そういう状況はないと思います。
マイニング産出量について我々は非常に慎重に計算してきたのです。

第1段階で、一日300万FT(3ヶ月後に半減期、150万になります)の産出量と計算しても、
FTの成長プロセスで、特に早期のマイニング成長プロセスで、
これは非常に少ないと言えます。

基本的には、将来毎日ロックアップされたマイニングを解除しても、
FT全体の流動性に圧力や悪影響をもたらすこともないと思います。
あるいは、ほとんど影響がありません。

皆さんも分かれるように、年始よりFTの価格は上がりつつあります。
それと同時に、毎日流通市場に入ったFTの数量も多かったですが、
FTの発展に悪影響をもたらすことが見られません。
ですから、FTのある程度の流動性も大切です。
そして未来の圧力にもならないでしょう。

もちろん、マイニング(されたFT)が一年後に解除(還元)することも
我々の持続可能な解決策であり、今この解決案は進められています。
早期のマイニングには、確かに多くの投機者が存在しているため、
大部分のFTがコミュニティに真に価値をもたらす、
または長期的に楽観的なコミュニティユーザーに返還することができませんでした。

それで、持続可能なマイニングが立ち上げましたが効果が非常に良いです。
私も嬉しく思います。これはまともにFCoinについて楽観的で、
FToken未来のエコロジーについて楽観的である方々に
有益なものをもたらせると思います。

これが現在FCoinの最も大切な仕事です。
つまり、それぞれのマイニングメカニズムを完全にし、
取引やコミュニティを活性化し、取引体験を向上させることです。

取引体験の向上により、私たちのコミュニティも成長し続けると信じています。
取引体験が取引プラットフォームの本質であるからです。
マイニングがプラットフォームを作る目標ではないです。

ビットコインがマイニングのため生まれたではないと同じ、
ビットコインは世界中で自由に取引され、
自由に支払いできるP2Pの電子現金システムになることは出発点です。

マイニングはエコシステムの一部だけです。
FCoinやFTokenのエコシステムにとっても同じことと言えますが、
本末転倒にすることはできません。
したがって、皆さんはビットコインのメカニズムを理解できれば、
FCoinがマイニングを実行する理由と比較してもいいかと思います。

「マイニング」(Mining)について簡単に解説すると
ブロックチェーン技術で取引の管理がされているわけですが

それぞれの取引データは「トランザクション」となり
それが一まとまりになって「ブロック」が生成されます。

そのブロックには「いつ」「どこで」「誰が」「どれくらい」
という情報が付与されていきます。

そういった重要な取引情報を「承認」する作業が
「マイニング」と呼ばれるものです。

マイニングをするマイナー(Miner)は世界中に居て
送金取引を承認したマイナーには報酬が支払われます。

ぽじねこ
ぽじねこ

これはBTCのマイナーが人気なことからも有名ですね!

ここではマイニングではなく取引体験
プラットフォーム形成の本質であり

ビットコインにも同じことが言えるので
仕組みとしては必要だけど本質ではないよ

ぽじねこ
ぽじねこ

ということが言いたかったみたいですね!

1年間の目標

1年間で最も望ましい目標といえば、
間違いなくコミュニティの拡大とFCoinエコシステムの拡大ですね。
前述したように、我々FT価値の拡大は二つの部分に分けられます。

一つは垂直方向で、もう一つは水平方向です。
垂直方向は基礎であり、拡大することはこの基礎に基づいくものです。
私たちはすでに持っていること、特にFCoinのような非常に活発な第
一線の取引プラットフォームを強くすることは最優先です。

第一線についてですが間違いなくそうといえます。
現在市場全体の弱気のため、
ネットワーク全体のトレード活発度やデプスが非常に乏しいです。

FCoinのようにメジャーアルトコインの大きな取引量を有する
フラットフォームは確かに少ないですね。

次は我々のパブリックチェーンです。
パブリックチェーンは間も無くオフィシャルにリリースされ、
FTもメインネットを切り替わります。

メインネットの切り替えが完了した後、
FTの関連機能をFractalパブリックチェーンに移行しながら、
段階的に実装していくというような長期計画があります。

特にFTの良い実践の基礎に基づき、我々はより多くのトークンを発行し、
利用しやすい安全なインフラを提供し、
トークンエコノミーの発展について
楽観的で参加したい様々な場面を助けることができることを望んでいます。
この部分を強くさせることも我々の仕事です。
これらの二つの部分は私が年間に達成したい目標ですね。

コミュニティの拡大」については
こういった質疑応答がコミュニティで行われていることからも
今後も活発に行っていきたいという想いが伝わってきます。

ぽじねこ
ぽじねこ

仮想通貨を発展させるのはコミュニティだよね!

あとは前述で長い質疑応答があったように
パブリックチェーン「Fractal」のリリース。

そしてトークンによってモノやサービスが取引される
近未来的かつリアルな取引体験の活性化。

それをトークンエコノミーの発展という言葉で
ひとつの回答としてまとめています。

サブブランド設立の計画

これについてはまだ具体的を計画は立てていません。
しかし、私たちはFCoinの国際化の段階的な進歩を検討しています。
国際化は二つの方面からなります。

まず、FCoinはグローバル化により、
より多くの国際的なユーザーを引きつけることです。

二つ目は、特定の段階でサブブランドの発展を着実に進めることです。
これらの二つの部分のバランスをどのように守るか、
どのように計画するか、どの時点ですべきかなどは、
慎重に検討すべきことです。

具体的な候補では「韓国」や「シンガポール」になりますが
グローバル展開の波及効果は当然あると思います。

特定の段階」と言及がありますが
これは適切なタイミングで仕掛けたいということでしょうか。

ぽじねこ
ぽじねこ

メリットとデメリットを考えて動く感じですかね!

FJの現状と日本のコールドスタートの感触

この質問はいい質問です。その差があることが明らかです。
FJはもちろんのこと、FCoinも私が最初に期待したものとは違います。
ですから、この質問を借りてFJについてのいくつかの問題を答えます。

まず、この問題に対する私の態度についてお話したいのですが、
それは、韓国とシンガポールのサブサイトの開設を検討しているのか
どうかという前の質問に関連しています。

私の意見では、FCoinJPはFCoinの最初の国際サイトです。
もし、FCoinJPが良い結果を収めないと、
無論他の国際サイトを開設する可能性もほとんどありません。
そのため、FCoinJPが新しいサイトを開設することよりも
優先度がはるかに高いであることは明らかです。

ここで一つ質問がありますが、コミュニティのユーザーがなぜ
APIがFull Depthをキャンセルするのかを尋ねているのを見ました。
それは主に効率の問題です。
多数のリクエストがあって、いくつかの悪用が発見されてたので、
一時的にキャンセルしました。

我々は改めて全体的な効率を再最適化し、より優れた、
または階層的な戦略を立てることにします。
それは効率性の問題であるため、
突然に終わらせるかもしれませんが、ご了承ください。
これからも、この問題を心配しているAPIユーザーがよりよく利用できるように、
APIを担当している人、また関係者に情報を伝えます。

引き続きFCoinJPのことを話します。
1つ目は私がさっき言ったように、
FCoinJPに対する全体的な態度です。

2つ目は、FCoinJPに関する作業がなぜ遅れているのか、
なぜトレード板の共有はこのようにして長い間やり遂げることができないのか。
実際、単にFCoinJPだけを見れば、確かにそうだったです。
しかし、それを他のタスクと比較すると、それが必ずしもそうではないことがわかります。

たとえば、FOneの分離のことについて、 FOne分離の作業は、
FCoinJPよりもずっと早く、ずっと長く始まりました。
だから私はFCoinJPの作業の遅れについて、本当の理由を説明します。

それは、トレード板のシェアはかなりシステムレベルのものであり、
非常に詳細なテストとシステムの改造を必要とするかなり複雑な下層問題です。
それで、これはマイニングの実装、
またはサイトのページをリリースするぐらいとは全然違います。

そしてFCoinJPのトレード板のシェアを確実にしたら、
後の開発の基礎を築くことができます。
ですから、我々は実際に優先度が前にあるFOneの脱離を先延ばしたわけです。

我々はFCoinJPのトレード板のシェアを非常に気にかけていることが、
コミュニティユーザの皆さんに伝えられます。
すなわち、我々はこの問題を非常に重視し、そして非常に大きな資源を投入しました。

それから私は問題自体と最初の予想との違いについて話します。
FCoin初期のマイニングではさまざまな問題が発生したのは、予想外のことでした。
メカニズムの不完全性も含め、予想外の大規模な暴落が起こったためです。

そのため、FCoinJPはこのメカニズムを改善することを望んで始められましたが、
それをうまく実行することができませんでした。
もちろん、経験と教訓があります。
そして、将来のFCoinJPの開発には非常に貴重な経験を提供しています。

二つ目は、経験獲得の立場から見れば、新しい通貨を発行した後、
急騰したり急落したりしてしまいました。それにより皆に非難されました。
FCoinが初期の頃に上場させた新しい通貨のいくつかも
そのような問題に直面していたことを私は覚えています、
そしてそれは今年IEOをしないと主張した理由でもあります。

これはIEOはまったく持続性がないからです。
多くの方々にIEOをやってくださいと勧められましたが考えずに否定する結果です。
このような経験と教訓をいっぱい学びましたから。

もちろん、FCoinJP、特にFJは無事にリリースされたことが、
これはFCoinの初期の段階より少し良い、小さな成果ですが、
多くの人はトレード板のシェアの意味が分からないと思います。
これから少し説明します。

このトレード板の共有はそんなに重要か?これはいいことですか?
まず、FCoinJPでトレード板の共有は言うまでもなく、
FCoinでトレード板のシェアは私たちの最大の関心事です。
なぜなら、トレードの深みが取引プラットフォームの中心的な部分です。
誰もがそれを理解しています。

プラットフォームは人々が取引するためのものです、
深さがなければ、取引することができません。
そのため、FCoinJPは、すべてのメジャーな通貨にFCoinと同じ深さを共有し、
そして取引ユーザーの体験を改善します。

もちろん、トレード板の共有はFCoinをより強くするのに基づき、
FCoinJPでユーザーに優れたプロダクトの経験を提供できるよう目指しています。
そこが非常に重要な出発点です。

次の最も重要な計画は、FCoinの現在の発展歴史から経験を学び、
FCoinJPがよりローカライズされて、発展と拡大のリズムを持つようにすることです。
言い換えれば、我々はFCoinメインサイトを開発しなければなりません。

そうすれば、我々はFCoin国際化サイトをよくするための十分な経験をすることができます。
そして二つ目の国際サイトを作って拡大します。
これは明らかな順序とルートがあります。

最後に、違いの大きさの理由について話します。
大きな差が存在する理由は、最も重要なのは、
全体的なマイニングメカニズムが最適に調整されていないことです。

持続可能なマイニングを実装したように、
我々は続々と自分自身の経験と能力を蓄積し、
この市場を客観的に理解することができ、
さらに我々の初心を満たして、市場のルールに該当し、
優れたメカニズムを設計できるために頑張っています。

以上はこの問題に対しての私の答えです。
これからもっと重要なのは、FCoinJPをローカライズし、
より良い拡大と発展を完了するために、
FCoinの成功した経験をしっかり学ぶことです。

さて、Fcoinは「FT」だけではなく
日本チームの「FCoin JP」によるトークン「FJ」があり
過去に高騰や暴落をしたことで話題となりました。

そのこともあって日本での認知度も高く
張健氏も張り切って回答しているようです。

特筆すべきはFJのビジョンは
より一層のローカライズであり

日本において発展と拡大をするために
より専門性の高い展開をしていく予定である

 

ぽじねこ
ぽじねこ

・・・という風に読み取れますね!

ロックアップにより配当が少ない?

先ずは、現状を維持してはいけないんですね。
私が言いたいのは、少し複雑でありますが、
それは客観的な理由と主観的な理由が両方あると思います。

主観的な理由については、私たち自身の努力であること。
我々はこれを使ってFCoinをより強くすれば、つまり、
取引量はますます大きくなり、レバレッジの規模もますます大きくなり、
より収益性のある方向性を拡大するため、
我々の基盤となるより強力な他のプラットフォームを作れば、
配当の問題は自然に解決されるのではないでしょうか。

それは間違いなく、我々がずっと追求していることです。
FTを保有している皆さんはFCoinとFCoinエコシステムの株主であり、
株主のために利益を生み出すことは我々の義務です。

しかしその前に、もっと大きな目標と望みが必要だと考えています。
つまり小さな利益に満足しないことです。
前のQ&Aセッションで言ったように、TAOBAOが初めて市場に出た時、
コストが大きいかったです。

今のように、これほどの大規模な利益を得られることを考えていなかったです。
TAOBAOの収益はオンラインショップの開設費用でなく、
それと全然違うビジネスモデルにより得られたものです。

その成功はWeChatや QQのようなオンラインSNSソフトウェアのと同じです。
元々は中国でSMSを使う人は多かったです。
しかし、QQやWeChatのような無料でSNSできるものが市場に出たら、
SMSは市場を失いました。

また、QQやWeChat の利益規模、
Tencentの利益規模はSMSよりはるかに大きいです。
だから肝心なのはビジネスモデル上で、戦略的な選択にかかります。

我々は、いわゆる方面を強化することによって、
基礎的なものから規模を拡大し、
それなりの利益を上げることができることを願っています。

強い基礎を持っていない場合、全ては空想です。
例えば弱いプラットフォームである場合、
いろんな方面から利益を得ようとした時は、
ユーザーのニーズを抜かす恐れがあります。

つまり、ユーザーに良くないと承知しながら、利益を狙っています。
結局、破綻や倒産の状態に陥ります。
ですから、実力は一位です。

私はさまざまな取引所のいわゆる強い所を分析する第三者の文章を見ました。
その中、よく分析した人もいれば、観点が悪い人もいます。
FCoinの強いところについて、私から見れば、
それはデジタル通貨の業界でもっともユニークな、コピーできないものです。

なぜかというと、FCoin当面の発展モードとコミュニティ開発の方向性は、
ほとんどコピーできないからです。
昔のIEOは、誰もがそのやり方を真似することができます。

gate、HUOBI、Binanceなど、全部IEOをやったことはあります。
実際に、私が言いたいのは、外見から非常に難しように見えるが、
必ずしもそうではないということです。

逆に、我々FCoinは、今まで底にあるようですが、
実際にその前向きの足下は最も穏やかです。
今FCoinは一番良いプラットフォームではないですが、
その目標にたどり着くまでに一歩一歩進んでいかなければなりません。

今まで話したのは主に主観的な理由です。
まだ配当の問題に戻りましょう。
主観的な方向が私たちの努力であり、これは必要であると私はすでに言いました。

そして、それは我々が絶えずに追求するべきであることです 。
これからは、客観的な要素から話しましょう。
伝統的な資本市場では金融サイクルは非常に強力です。

株式市場でブル相場は来ると誰でも知っていてリスクを無視して株を買います。
そして、ベア相場が来たときに誰でが恐れて、
株を買わないようになります。

それは、ベア相場とブル相場の間の利益格差が大きいからです。
仮想通貨業界では、初期の変動と未熟な市場のために、
その格差は伝統的な株式市場よりも一桁大きいかもしれません。

伝統的な株式市場の格差が10倍であれば、仮想通貨業界では100倍です。
ベア相場とブル相場の取引出来高、
取引人気および活躍度は百倍の差があると言ったことはありますが、
これは客観的な理由です。

プラットフォームはデジタル通貨業界の中核部分であり、
資金の交換を担うので変動が比較的大きく、
ブル相場が来れば最大の利益が出ます。
よってブルとベアの転換は、配当問題にとっては、客観的な要因です。

現状より多くの配当を望むために
プラットフォームを一緒に固めていって欲しいという想いと

トークンを保有していることを「株主」に捉え
より主体的なトークンエコノミーの形成を望んでいるようです。

ぽじねこ
ぽじねこ

簡単に言えば、一緒にがんばろうよってことですね!

あとは目先の利益を追い求めて
ユーザーを置いてけぼりにしないように

時間をかけて一歩一歩進んでいく
そういった想いがあるようですね。

FIの再編について

再編の具体的な時間はまだ決まっていませんが、
近い将来、つまり最近の1~2ヶ月のうちに、関連する作業を始めます。

FIは非常に優れたエコな方向性があるため、
大きなエコシステム全体に対する有用な補足でもあり、
将来仮想通貨業界全体が拡大するにつれて、
この方向性の成長も避けられません。

ですから、FIを健全に開発できるように、
その再編を促進するつもりです。
また、 再編は近いうちに行われますが、
全体的なアプローチを思いつくことができればコミュニティに発表するつもりです。

FI(FInsur)2018年7月にFcoinから上場したトークンです。
アカウントの盗難補償があるなど独自性のあるサービス展開をしています。

ぽじねこ
ぽじねこ

今後、再編を進めていくようですね!

FIの新チームの進展について

この問題は実際には最初の問題と同じ問題であり、
FI再編にはこの問題の答えを含んでいます。
近い将来、我々は円滑な再編作業ができるようにします。

ぽじねこ
ぽじねこ

まだ、明確な答えは出ていないみたいです!

FIは革新ボードに上場することができるか

この質問の場で、FCoin全体的な通貨上場の状況についてお話しましょう。
みんなが知っているように、FOneは間も無く独立した
Webサイトと独立した取引プラットフォームに分割されます。

そして、FOneはこれから登録システムを実装し、
コミュニティベースの通貨上場を実践するようにします。

だから当面からみれば、主な通貨上場の作業はFOneにあることです。
しかし、FCoin自身は投票プロセスを持っていません、
あるいは我々は定期的にどの通貨を上場する計画を持っていません。

FCoinは市場で最も流動性がありそして高い通貨しか
上場させないという非常に厳しい基準があります。
まず、流動性が最も高く、開発とコミュニティが優れているのは大事です。

将来トークンエコノミーのある部分に拡大する可能性があるように、
価値がある通貨だけは上場させるので、
FCoinの通貨上場の標準は非常に高いです。

また、我々は将来のFI全体的な発展についても検討し、
革新ボードに上場する標準に達することができれば、
間違いなく革新ボードに移行するつもりです。

しかし、今FCoinでは、特に革新ボードでは、
通貨上場の標準および将来の計画を発表していないので、
この質問への答えるに対してはまだ100%の自信を持っていませんが、
将来は関連するルールや標準は完備されると思います。

そして、 FIがその標準を満たしていれば、
我々はFCoinの革新ボードへの移動を推進するつもりです。

FIの近い将来についての計画

これは最初の質問と2番目の質問と同じですが、
最近の計画はFIの再編を推進することです。
その進捗状況が明らかになったら、コミュニティに発表する予定です。

FIの再編は重要なことですから、
詳しい計画はまだない状態にありこれ以上話せないです。
ただ、再編の作業は確実に進んでいると言えます。ご了承ください。

FIはFractalにリリースされる計画があるか

この質問の答えは非常に確実でありますが、
それはパブリックチェーンでリリースされます。
なぜならこれこそはブロックチェーンだと思わないんでしょうか?

FTは間も無くメインネットワークへ移行を完了するように、
FIはそれはその特定のシーン、特定の目標を持ってるものとして、
完全なパブリックチェーン計画を持つことは明らかに必要です。

この計画について、我々は全体の再編計画で説明しますが、
まず、FIが必ずFractalパブリックチェーンにリリースされることは肯定的です。

一連のQ&Aで何度も触れている「シーン」について
FIにも同様のビジョンがあることを説明しています。

最後に

皆さんの質問はまだたくさんあると思いますが、
時間の制限により答えきれなくてすみませんでした。
すべてのコミュニティメンバーの利益のために、
このようなQ&Aセッションを定期的に行おうと決まりました。

これから、ボランティアさんは最初からみんなの質問を集め、
そして一番関心されている質問に答えようにします。
それは私にとっても、コミュニティのすべてのユーザーにとってもより効率的です。

今日のQ&Aセッションは以上になります。ありがとうございます。
これからはコミュニティ委員会でQ&Aセッションの
サイクルについて検討しようとします。
二週間ごとにやるのは難しいかもしれませんが、
せめて1ヶ月ごとに一回のQ&Aセッションを行います。

以上、FCoinのQ&Aセッションの一部始終
簡単な解説でした。

ぽじねこ
ぽじねこ

また、お会いしましょう!

FCoin
领先的数字资产交易技术服务商,包含主板交易、FOne交易、法币交易、杆杆交易及理财等版块。
FT公链
FCoin 雑談
FCoin本家の話題を扱う日本グループです。 ★お知らせチャンネル ★質問グループ ★FCoinJP 公認グループ 🚨BAN対応について 問題発生時の迅速な対応を優先するため各Adminの判断に委ねています。解除の主張は別途受け付けます。ご理解お願いします。
FCoinJP公認コミュニティ
FCoinJP公認テレグラムです。 FCoinJPは世界初のコミュニティによって運営される完全に透明な仮想通貨取引プラットフォームです。 また、このテレグラムのadminは有志であり運営ではありません。 コミュニティユーザーの情報交換、情報収集、交流の場です。 ⚠ステッカーの連投、過激な発言(過度な煽り)根拠のな...

 

コメント

コメント