ぽじねこのTwitterはこちら~

「エモい文章」を作るテクニック教えます!

ブログ
スポンサーリンク
ぽじねこ
ぽじねこ

にゃんばんわーーー!

突然ですが、なんでいつも
にゃんばんわ」って
挨拶をしていると思いますか?

Twitterを見てくれている方は
もしかしたら、ピンとくるかもしれませんが

その理由は、大体ブログの投稿が
深夜0時を過ぎてからだからです。

ぽじねこ
ぽじねこ

スタバで朝活してブログ更新♪
みたいな生活はしてない!w

さて、今日のテーマは
ちょっとブロガーらしい話で
エモい文章」の作り方です。

スポンサーリンク

「エモい文章」の作り方

その①:倒置法

義務教育で習うことから
意識しているいないに関わらず
使っていることも多いかと思います。

ぽじねこ
ぽじねこ

改めて説明を聞くと
懐かしい思い出が蘇るかも?

倒置法は本来は文頭にくる主語
後ろに持って来たり

述語の後に装飾後を持って来たりして
本来とは違う文節の並びにすることで
オシャレ感を出すテクニックです。

【通常】主語→述語のケース
あなたが、救うのです。

倒置法】述語→主語への変化
救うのです、あなたが

【通常】装飾後→述語のケース
すぐに、やめるのです。

倒置法】述語→主語への変化
やめるのです、すぐに

ぽじねこ
ぽじねこ

サクッとエモくなりましたね!

多用するとウザみが出るので
ここぞという時だけ使いたいですね。

その②:体言止め

こちらも義務教育シリーズですが
改めて、どういうものか見ていきましょう。

ぽじねこ
ぽじねこ

エッセイやコラムにも頻出!!!

用法は単純明快で
名詞や代名詞などの体言で
語尾をくくるテクニックです。

【通常】文例(幼い、またはくどい印象
今年の夏休みは海に行ってきました
思ったより人混みも少なくて
BBQをみんなで食べたのです
とても美味しかったです
また来年も海に行きたいと思います

体言止め】(文中のくどさが抜ける)
今年の夏休みは、海に行ってきました。
人混みも、思ったより少なめ
一番の思い出は、みんなで食べたBBQ
来年もまた、海に行きたくなりました。
ぽじねこ
ぽじねこ

いきなりオシャレになったーーー!w

文章のリズムが良くなるだけではなく
強調したい名詞を
「うしろ」に持ってくることによって
さらに、エモくなっています。

その③:読点

読点(とうてん)って
読める方、意外と少ないですよね。

文章には「、」を打って
読みやすくするのが良いという
とても基本的な話になります。

ぽじねこ
ぽじねこ

でも、一番重要ですよ!!!

まずは基本編ですが
こんなときは、読点を打ちましょう。

【主語と述語の塊が2つ以上】
私はコンビニに寄ってから(私は)家に帰った。
 ※()日本語特有の省略された主語がある

読点を入れる
私はコンビニに寄ってから家に帰った。

【接続詞や接続助詞】
つまり私が言いたいのは・・・

読点を入れる
つまり私が言いたいのは・・・

【漢字や平仮名の連続】
結局彼が好きなのはお菓子の方だった。

読点を入れる
結局彼が好きなのはお菓子の方だった。

カッコを使うのもいいかも
結局、彼が好きなのは「お菓子」の方だった。

ぽじねこ
ぽじねこ

これらが基本的な用途だけど
さらに応用編があるよーーー!

青春は、純白だ。
(JR東日本/JR SKI SKIより)

主人公で、生きろ。
(講談社/少年マガジンより)

読点を置いた場所の「」が
音となって頭に入ってくるような
演出を狙ったテクニックです。

ぽじねこ
ぽじねこ

特に、短文で使いやすいね!

なお、歴代最強キャッチフレーズの
ぜんぶ雪のせいだ」については

読点を使わずに「ぜんぶ」を
平仮名にすることで
エモくなったパターンですね。

番外編:複数の事柄を列挙したい場合

読点のルールやテクニックを話したので
一応、これも話しておきたいと思います。

例えば、自分の「好きな色」を挙げてみましょう。

私が好きな色は、黒と赤と青とです。
私が好きな色は、黒、赤、青です。
ぽじねこ
ぽじねこ

うーん、なんかしっくりこない・・・

そこで、英語の話をします。
英語では、基本的に1回の並列に
2つ以上の「and」を使いません

 

ぽじねこ
ぽじねこ

I like black and red and blue.
ではなく・・・

I like black,red,and blue.
となります!

 

この感じを思い出しつつ
日本語の方にも応用した場合
このように表現できます。

私が好きな色は、黒、赤、そして青です。
ぽじねこ
ぽじねこ

グローバルエモい!

あとがき:ぽじねこの文章の癖

すごい細かいことを言いますが
実は、私のブログにもマイルールがあって

改行の際に読点を打たない
という謎ルールがあります。

ぽじねこ
ぽじねこ

なんか、文末にあると
ソワソワしちゃうんだよね~w

この辺は、好みだと思いますので
逆に打たないとソワソワする人も
もしかしたら、居るかもしれませんね。

あと、文章の1ブロックに
できるだけ4行以上いれない
という謎ルールその2もあります。

ぽじねこ
ぽじねこ

ぎっしり詰まってるのが
なんか落ち着かなくてね~w

さらに、漢字と漢字の組み合わせ
あまり好きではないので

ひらがなを使ってぼやかしたり
違う言葉に言いかえたりして
回避しているのです。
謎ルールその3

ぽじねこ
ぽじねこ

時間を計る→時間をはかる
精神的な問題→こころの問題
・・・みたいなね!w

ここまでくると、謎のこだわりですが
考えて文章を書くというのは
なかなか楽しいものですよ。

あなたも、文章を書くことを
ぜひ、楽しんでみてくださいね。

ぽじねこ
ぽじねこ

お会いしましょう、また

コメント

コメント