太りやすい人の特徴とは?ダイエットの良くある誤解について紹介

にゃんばんわ、ぽじねこです。

コロナ情勢から、以前より家にいることが増えた昨今では
運動不足から体形が気になる人も増えてきたと思います。

ぽじねこのアイコン画像ぽじねこ

運動しないのに食べる量だけが増えてゆく…

ダイエットのためと思って
良かれと思ってしていることが
逆に太りやすい体質を作っている可能性もありますので
今日はその辺を紹介していきたいと思います。

目次

太りやすい人の特徴

不規則な食生活

一番のあるあるパターンとして
朝食を抜いているというのが挙げられます。

ぽじねこのアイコン画像ぽじねこ

朝食抜いた分、カロリーが減るから
別に良くない?って思うよね~

朝食を抜くということは
前日の夕飯から次の昼食までの実に18時間程度
食事をとっていない
ということになります。

すると身体は飢餓状態が続くこととなり
防衛本能からエネルギー消費量が低下するため
本来消費できるカロリーが消費できない
ことになります。

ぽじねこのアイコン画像ぽじねこ

さらに昼食の吸収量が
ぐーんと伸びてしまうんだよ!

食事制限して運動はしていない

3食しっかりとっていて
糖質や脂質を制限している
その結果、体重が減っているとしましょう。

ぽじねこのアイコン画像ぽじねこ

一見ダイエット成功~♪
って思うよね!

ダイエットをするのであれば
体重計の結果は目安でしかなく
実際は筋肉量が落ちていたり、水分が抜けていたり
そんな理由で体重が減ることが多い
です。

食事制限をした結果、体重が一時的に落ちていても
その時の身体の状態は
省エネモードに入っているため
少し気を抜いて食事を増やすとすぐにリバウンドします

ぽじねこのアイコン画像ぽじねこ

摂取カロリーを少なくしても
基礎代謝まで落ちてしまってるから
リバウンドしやすい体質になっちゃうんだよね!

ダイエットの真実

脂肪は運動しないと燃焼しない

いくら食事制限をしても
ベルトを巻いてもサプリを飲んでも
結局は運動しないと脂肪が燃焼することはありません

ぽじねこのアイコン画像ぽじねこ

科学的に考えると当たり前のことなんです!
小難しいので飛ばしてもいいですw

脂肪と呼ばれるものは実際「トリグリセリド」なのですが
運動などによってエネルギーが必要になる際に初めて
リパーゼによって分解されることになります。
そのとき、脂肪酸とグリセロールに分離するわけですが
この脂肪酸がアルブミンと結合して体内を循環した結果
各所でエネルギーとして消費されるのです。

そして、脂肪酸は炭素【C】酸素【O】水素【H】
から構成されているので、排出されるときは
CO2(二酸化炭素)とH2O(水)になる
ということです。

ぽじねこのアイコン画像ぽじねこ

ヒトの燃えた脂肪の84%は息として排出されて
残りは汗とかの体液として排出されるんだよ!

結局、エネルギーとして使うまで
脂肪がいなくなる機会がない
ということなのです。

あとがき:家で有酸素運動できたらいいよね

住まいの環境にもよるところですが
多少、ドタドタしても大丈夫なのであれば
バーピートレーニングあたりが効果的と有名ですね。

ぽじねこのアイコン画像ぽじねこ

有酸素運動と筋トレの美味しいとこどりの
エクササイズで男女問わず人気だよ~
脂肪を燃焼しつつ、筋力アップすることで
基礎代謝も上がるっていう完ぺきなやつ!

音に気をつかう環境であっても
ハーフスクワットなど、できる有酸素運動は存在し
家に居ながらにして体型を維持することは可能です。

ぽじねこのアイコン画像ぽじねこ

夏、海やプールにいけるようになったらいいな~
ってことで、今のうちから準備しとかないとね!

  

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

バーチャルブロガー2年生。
自分のブログだから「この記事を書いた人」は全部私です!
仮想通貨をはじめとするプロモーション記事にも対応中。
執筆依頼など、各種お問い合わせはフォームからどうぞ。

目次
閉じる